高校受験の心得

高校受験をするにあたって、私立高校か公立高校かをまず決めなければなりません。私立高校の場合、推薦入試などもありますし、中学校での成績が良かった人は推薦入試で私立高校を受験するのも1つの方法でしょう。また、大学受験にあたって、中高一貫性の学校の人気があるようですが、そういったところに高校から入学出来る場合がありますので、そういった高校を目指して、受験をすると、大学受験対策を学校側が提供してくれる場合があります。

ただ、中高一貫教育の学校では、通常では高校生で習うべきことを中学生のうちに学習してしまう場合が多いので、入学してから苦労することがあるのを覚悟しておきましょう。また、私立大学の附属の高校に入学すれば、エスカレーター式で大学入試にチャレンジすることなく大学に入れるというメリットがありますので、そういった高校も人気が高いようです。公立高校を受験するメリットとしては、公立高校では、定期的に教師が転勤するため、合わない先生に出会っても、ずっとその先生がその高校にいるわけではないので、相性のいい先生に出会うチャンスが多いといえるでしょう。

また、公立高校の受験では、中学校の成績などの内申点が大きく影響を及ぼすので、受験日に高熱がでたり、交通機関がマヒしたりしても、ある程度内申点がよければ、合格する可能性は高くなります。受験においてすでに内申点である程度点数をとっているので、受験日当日の体調だけに左右されるわけではないというのがメリットとして挙げられるでしょう。

<管理人注目サイト>
受験をするにあたって知っておくと便利なプロの家庭教師を派遣してくれるサイトです ⇒⇒ 家庭教師

Copyright © 2014 高校受験のメリット All Rights Reserved.